AXIS

①不要なストレスからの解放 ②人生を豊かにする価値の提供 をテーマに情報発信、交換をしていきます。

MOA美術館「竹内栖鳳展」

・竹内 栖鳳

18歳で四条派の幸野棋嶺に入門。

その他にも狩野派、土佐派など様々な古画の研究に取り組んだ。

36歳からヨーロッパに渡り、西洋画法を取り入れた写実を行う。

近代日本画の先駆者。

f:id:ametama14:20181226201432j:plain

夏鹿

f:id:ametama14:20181226195611j:plain

奈良の鹿を描いた作品。

鹿は昔から詩や歌に詠まれて、寂しい春や哀しい秋とういような主題の時に扱われることが多かったが、夏の鹿の毛並みの美しさを表したいと考え描いた作品。

 

老松蒼鷹

f:id:ametama14:20181226195634j:plain

 

猛虎

f:id:ametama14:20181226195701j:plain

まるで岩のような背中の虎。

猛虎というだけあり堂々たる背中、筋肉の隆起がとても特徴的。

本来の質感とは違うように見えるが、非常にたくましさは伝わる作品。

 

質感の表現

今回の鑑賞で感じたことは色の使い方で非常に質感の表現が巧みさ。

動物の毛並はフワフワとして見えたり、和の部分の色使いと洋の部分の色使いが1つの作品の中で感じられてとても新鮮だった。

 

f:id:ametama14:20181226195722j:plain

ストレス対処法

カナダのモントリオール美術館と医師の間でストレス対処としてのアート鑑賞が実験的に行われているようです。(2018/11/1~1年間)

どうやら唾液中のコルチゾール量の減少が認められたとのこと。

唾液だと比較的すぐ変動するようなので、慢性的なストレスの指標になる毛髪でのチェックも気になるところですが・・・

ただこれは個人的にとても気になる研究です。

予防医学にもストレス対処は重要になると思いますが、このような楽しみを通じて対処していけるというのは、人生を豊かにしていくことに繋がります。

1年後の結果も要チェックです。

はじまりのうた

f:id:ametama14:20181030034259j:plain

映画「はじまりのうた」

2013年にアメリカで制作され、2015年に日本で公開。

監督:ジョン・カーニー。

キーラ・ナイトレイマーク・ラファロアダム・レヴィーン(マルーン5)らが出演。

www.youtube.com

 

リアルタイムでは見れなかったけど、prime videoで気になったので観てみた。

これが個人的にかなりハマった。

これから何か新しい挑戦をしようとしている人にはどハマリする映画だと思う。

 

登場人物

f:id:ametama14:20181217203511p:plain

[グレタ]

自分の歌いたい歌が周囲には理解されず、パッとしない毎日を過ごすシンガー。

歌に対してはこだわりが強く、周りの評価を気にせず自分を貫くスタイル。デイヴとは恋人関係。一途な性格だがデイヴの浮気により関係破綻。傷心する。

f:id:ametama14:20181217203910p:plain

[ダン]

昔は敏腕音楽プロデューサー。時代の変化と自分の追求する音楽性が解離し、全然ヒットを世の中に生めなくなってしまった。彼も頑固で自分の信念は曲げない。意見の不一致から親友と立ち上げたレーベルをクビになってしまう。その後はグータラ生活をしばらく続けるが、自分の音楽性に合うグレタと出会い、パッションを取り戻す。

f:id:ametama14:20181217204347p:plain

[デイヴ]

売れっ子アーティスト。グレタとは恋人関係。同棲しながら2人で曲を作るなど順調に過ごしていたが、時間が経つにつれて男女関係のもつれ。ついには関係が破綻してしまう。

(マルーン5のボーカル。めちゃくそ歌が上手い。)

 

きっかけは突然

傷心した売れないシンガー × 堕落した元敏腕音楽プロデューサー

 

きっかけはバーでグレタが弾き語りをしているところを、飲んだくれたダンが偶然居合わせて遭遇する。グレタの歌に周囲の人が全く興味を示さない中、ダンだけはプロデュースの道筋が明確に見えていた。その場でプロデュースの話を提案。はじめは半信半疑のグレタもダンの純粋な姿勢に徐々に共感し、曲作りを始めることになる。

 

ストリートから出発

曲作りとは言え、ダンはレーベルをクビになっているためスタジオは使えない。

もちろんスタッフも居ない。

お互いの知り合いに協力を要請しストリートでレコーディングを始めることになる。

まさに「ゼロ」からのスタート。

その姿がとにかく前向きで、楽しみながら活動していく。

失うものが何もない状態からなにかを始めるということは、これほどまでに前向きに、楽しく日々を過ごせるのかという気づきを与えてくれる。

レコーディングは成功しレーベルとの契約の話まで進む。そのままハッピーエンドかと思いきや・・・まさかの選択。(笑)

この終わり方は個人的にとても気に入っています。

 

デイヴ

自分の浮気によりグレタと別れたデイヴ。時間が経つにつれてグレタへの想いが強まってくる。連絡を取りやり直したいと頼むが、そう上手い話はない。

グレタもまだデイヴに対し完全に吹っ切れたわけではないが、自分の新しい人生を歩んでいく選択をする。

しかしデイブのライブシーンは感動した。。。

歌が良いんだこれが。

www.youtube.com

 

映画から感じたこと

とにかく前向きになれる映画。

信念を持ち、やりたいことに没頭する姿は観てる人の感情を動かす。

ホスピタリティ・メンタリティをとても強く感じる映画で、久々に心が躍る映画に出会えた。

個人的に新しい人生を考えている時期に観たので、余計印象が強かった。

毎日漠然と過ごしてしまっている人、自分を変えようと思っている人、今現在頑張っている人には是非オススメしたい映画。

 

 

 

http://hajimarinouta.com/

 

はじめての読書

元々全く読書はしなかった、というか出来なかった。

中学校の時流行った「ハリーポッター」等も、半分位読むとやめてしまう始末。

そんな自分が去年から突然読書が出来るようになった。

きっかけはストレス。

仕事・恋愛など多方面からストレスがかかり続け、なんとかその状況を脱却したいと思っていた。

ストレス対処のヒントを得るために本を頼ってみたんですね。

最初は読み切れる自信は全くなかったけど、とりあえず読んでみようと。

Amazon primeに入っていたので、無料で読める本を読み始めたのがきっかけ。

 

最初の1冊

「全ての教育は「洗脳」である」 21世紀の脱・学校論

著者:堀江 貴文

f:id:ametama14:20181215211108p:plain

とりあえずストレスフルな状況を抜け出したくて、最初に手を出したのがこの本。

常に前向きなホリエモンってどんな考えをしているのか、何か参考になるものがないかと読み始めました。

振り返れば、ここから読書が毎日できるようになったんです。(笑)

正直ライブドアショック時代からホリエモン情報をアップデートしていなかったので、どんな人物なのか全く分かっていなかった。ただポジティブな人であるんだろうなという印象だった。

読んで感じたことは

① 世間体を気にせず、自分の意見をしっかり言える。

② 前向きで芯がある。

想像と大きな違いは無かったけど、1冊読み切る頃には少しだけ自分も前向きになれた気がした。それまで世間体を気にしすぎていた自分にとって、いい刺激になった本でした。

そしてなによりこの本でホリエモンが紹介していたある本が、自分を変える大きな1冊となりました。

どハマリした本

紹介されていた本、それは

「嫌われる勇気」

著者:岸見 一郎、古賀 史健

f:id:ametama14:20181215212439p:plain

2冊目に読んだこの本が読書習慣を定着させてくれた本でした。

アドラー心理学をわかりやすく、対談形式で説明してくれているこの本。

読み始めるとやめる事が出来なくなり、読書が苦手だった自分が1日で読み切ってしまいました。あそこまでハマった体験はそれ以降も無いです。

読んだ当時は本のことは全く知らなかったのですが、後々調べるとめちゃくちゃ売れてる。(笑)

超ベストセラー本だったんですね。

ストレスに潰されそうだった自分のマインドを変えていこうというきっかけになった本です。

当然読んだ次の日からすぐに変われたわけではなかったです。

でも確実にマインドの変化があり、ストレス対処も上手く出来るようになりました。

今では色んな本を読み、自分なりに上手くストレス対処が出来るようになっています。

 

きっかけ

このように本に興味を持った私ですが、この2冊には本当に感謝しています。

もちろん他にも数え切れない程の良い本がありますが、自分の人生を考え直すきっかけを初めて与えてくれたという意味で、個人的にとても印象に残っています。

読書は読み手の心理状況やタイミングによって捉え方・感じ方が変わるものだと思います。なので他人に本を勧めるのはとても難しいです。

きっかけを得るにしても、やはり自ら行動して気づくことが重要で、人に言われたことって捗らないですよね。

私は本で大抵の悩みは解決できると思っています。

「ビブリオセラピー」というものがあるくらいですから。

是非皆さんも今の自分に合った本と出会い、人生を豊かにするためのインプットをしていくことをオススメします。

 

チームラボ プラネッツ

チームラボ プラネッツ

 

 

f:id:ametama14:20181214214212j:plain

 

チームラボ

デジタルアーティスト集団。

アート・サイエンス・テクノロジー・デザイン、自然界の交差点を模索している集団。

日本だけでなく、ロンドンやパリでも活動。

「楽しさ」と「美しさ」で境界の無い世界を拡大しようとしている。

 

没入空間

体験して一番感じたことは、圧倒的没入感。

そこにいるだけで、その世界に没入できる。

不要なストレスは存在しないし、世代・国籍を問わず世界を共有できる。

これは個人的にとても大切な感覚。

「楽しさ」と「美しさ」の提供は人間の心を豊かにする、必要不可欠な価値ですね。

f:id:ametama14:20181214214233j:plain

 

感覚を刺激

視覚的な美しさはもちろんですが、触覚や聴覚などで同時に楽しめます。

例えば水にデジタル鯉が泳ぎ、花びらが浮かんでいる。

これは静止画だけでは価値を伝えきれないです。

是非自身の肌感覚で味わってみることをオススメします。

f:id:ametama14:20181213204953j:plain

f:id:ametama14:20181214214223j:plain


豊かな価値

自分が生きる上でのテーマである

 

①不要なストレスからの開放

②人生を豊かにする価値の提供

 

にドンピシャな空間でした。

自分自身も形は違えど、世の中にこのような素敵な価値の提供ができる日を目指していきます。

今後も色んなものに触れ、自分自身の感覚をアップデートしていきたいと思います。

 

ストレス

ストレス。

全ての人が程度の違いはあれど、感じていると思います。

今回はストレス、ストレッサーなど細かい話ではなく、もっと単純な話をします。

 

無くなることはないストレス

毎日起こる良い刺激も、悪い刺激も脳にはストレスです。

特に悪い刺激はどんどん気が滅入る。

仕事や家庭で感じるストレスのほとんどは人間関係に集約されてくる場合が多いですよね。

なぜ人間関係でそんなに悩みが多いのか?

 

1.「八方美人」「世間体」を気にしすぎる。

2.  自分を抑圧する環境を作ってしまっている。

 

例えば1に関して

とりあえず人に合わせておく周りからいい人だと思われたいなど

表面的に上手くいくことだけを考えて行動してしまう。

これは小さなことかもしれませんが、毎日積み重なると大きなストレスになっている可能性があります。自分の意見を言わない(言えない)状況は、いずれ不満がこみ上げてくる。そうならないために、自分の意見を日頃から言うように意識していくことが望ましいと思います。

別に周りの評価なんて過度に考えすぎなくて良いと思います。

その他の部分(礼儀や気配りなど)が日常的に出来ていれば、自分の意見を強く言ったところで評価は落ちません。

むしろ自分という人間を知ってもらうためにも、どんどん意見を出していく必要があると思います。

 

 2に関して

これは主に結婚についてです。

好きな人と結婚して、子供ができて、幸せな家庭を持つ。

これが幸せだと思い込んで、ストレスを感じるハメになっている人が多い気がします。

もちろん本当にそれが幸せで最期まで貫けている素晴らしい人もいます。

でもそうでない人の方が圧倒的に多い。

自分の生き方の話にも繋がりますが、どのような人生を送りたいのかを、個人が真剣に考えなければストレスとうまく付き合っていくことは難しい。

時代はどんどん変わっています。

幸せとは?

これは一つ答えが決められることではなく、自分で決定していくもの。

今一度、自分の生き方レベルでの幸せを考える必要があると感じています。

 

仕事のストレス

上記の話を踏まえて仕事面も。

生活のため、お金のために働いている人は多いと思います。

私も昨年まではそうでした。

「お金はあれば困らないし、老後も心配だからとりあえず稼がなくては。」

でもそんな目標の毎日、疲れてくるんですよね。

仕事は能動的・自主的に行えなければ充実感は得れません。

毎日やりたくない仕事をお金のためにやらされるのか、一度お金を目標とせずにやりたいことに打ち込むか。

私の世代は定年も無くなり、生涯働くことが必要な世代だと考えているので、立ち止まって考え直しました。

生涯働くにはどうする?

答えは単純。やりたいことをやりきる!

このマインドで仕事をやっていかないと、生涯働くなんてストレスで続かないと思います。

毎日やらされマインドで満員電車に乗り、休日はその代償動作のようにゴロゴロする。

このような状況に不満を持っているのであれば、一刻も早く抜け出せるように努力する必要があると思っています。

 

最後に

これは自分自身で対処していかなければいけない問題です。

誰かの助言で変われるほど簡単な問題ではないでしょう。

でもなにかのきっかけで人は変わるのも事実だと思います。

私はそれを「楽しみ」という価値を通じて世の中に提供できるように、これからの人生を過ごしたいと考えています。

 

f:id:ametama14:20181213204953j:plain

 

 

人生に「目的」を

現在は医療系の仕事。

リハビリを行う理学療法士として働いています。

この仕事をしていると人の生き方について考えさせられます。

 

f:id:ametama14:20181213194429j:plain

 

どんな人生にしたいのか

 

病気になり、時には手術をし、その後の新たな自分を受け入れて生きていく。

そこに関わり一番感じたこと。

生きる目的を見失い、漠然と生活している人の多さ。

それによるストレスフルな状態。

この目的(やりたいこと、やるべきこと)が無く毎日生きてくって、想像以上に退屈。

これは病気や怪我をして、体が不自由になった時により顕在化してくる問題です。

 

自分の人生を本気で考える

自由に歩けなくなる。

今の自分の趣味が出来なくなる。

元気な頃には想像も出来ないような事態が自分に降りかかることがあります。

病気や怪我は自分自身で受け入れなくてはいけない。

厳しい現実です。

しかしどんな状態になっても、自分の意思がある限り、「楽しみ」を人生に見いだせる自分でありたいと思います。

 

熱中できることを持つ

手塚治虫ホーキング博士のような生き方を見ると、学ぶべきことがたくさんあります。

熱中できることに現状の自分の最大限のチカラで打込める。

これは一朝一夕で出来ることではなく、自分の人生を真剣に考えた人にしか出来ないことだと思います。

幼少期~高校生・大学生までの間に自分のやりたいことをみつけるのは難しい場合が多いでしょう。

私も30歳にしてようやく見えてきた所です。

でもこれは、全ての人が自分の幸せのために考える必要のあることだと思います。

 

とにかく熱中できることを見つける。

 

それが見つかれば、「漠然と生きる」という状態にはならないです。

年齢なんて関係ない。

今すぐに意識し始めましょう!!

 

 

 

 

30歳から「自分」スタート

あめたま。

本日よりブログ開始。

 

30歳にして人生を見つめ直し、自分の生きていく上での「軸」が定まってきました。

 

このブログでは自分の経験、価値 を感じたモノ・コト、今後の展開を発信していく予定です。

 

表面的な綺麗事だけではなく、自分の考えとして 物事の本質の部分を発信する予定です。

それを共有してくれる仲間と出会い、現実の生活に反映していく。

現実を変えるところまでが目標です。